いつでも加倉井までご連絡下さい
お問い合わせする
運用商品

iDeCo(イデコ)のルール変わることはご存じですか?

ここ最近、少子高齢化が進み退職年齢が伸び、老齢年金の受け取りの繰り下げの選択等、私たちにとってはどんどん国からの支援が少なくなっていきます。その老後の対策の1つとして作られたのがiDeCo。国の制度、世の中の流れに合わせ良くも悪くも変更点があるので、確認してみて下さい。

参考資料:年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律案の概要

加入年齢(拠出できる年齢)の変更

【変更前】60歳まで

【変更後】65歳まで

受給年齢の変更

【変更前】60歳~70歳まで

【変更後】60歳~75歳まで

いつから変更になるの?

2020年5月から

注意点

国民年金の自営業者や専業主婦の方は注意です。厚生労働省が出した資料の中に「公的年金の被保険者のうち」と書かれています。要するに年金を納めていないと拠出できる年齢が上がらないということです。

基本的に国民年金の加入期間はは60歳までです。iDeCoを続けるには60歳以降、任意で国民年金に加入する必要があります。自営業者の方は今までも国民年金の支払いをしていたので、特段支払いが変わりませんが、専業主婦(主夫)の方です。今までは扶養の範囲内で配偶者が年金を払ってくれていました。60歳以降は年金の継続は任意ですので、年金の支払い分増えることになります。支払った分だけ年金受取額が増えるので良いかもしれませんが、その時の手取り(収入)は少なくなります。専業主婦の方は所得税の支払いもないので所得控除もありませんし、iDeCoをその後、継続するかはよく検討が必要になりそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました