CONTENT コンテンツ

銀行口座を持っているだけでいつの間にか口座が消滅なんてことも?!対策方法とは?!

銀行口座は昨今、休眠口座が多くなっています。銀行も口座の管理をするだけでコストがかかるため施策を講じています。銀行口座を持っているだけで手数料がとられます。証券等、保有しているだけでも手数料がかかる金融商品がほとんどですが、銀行口座では元本割れがない。と思われていた方も終わりです。どのように手数料がかかってくるのでしょうか。

銀行口座に手数料がかかってくる背景とは

「口座維持手数料」という名が正式名称です。
銀行口座を所持しているだけで、月もしくは単位で発生する手数料のことです。

銀行も住宅ローンをはじめ貸付金利等が低くくなっているため運営が厳しい銀行も多いのですが、他にも多くの理由が。

口座を管理するためにシステムを使用していますが、そのコストが年間2000~3000円かかると言われています。

マネーロンダリングの対策費用が高騰し口座管理のコストがあがっています。麻薬取引、脱税、粉飾決算など不正に得た資金の出所を不明にする工作行為です。

他にも生産年齢人口(15~65歳)の減少で銀行の利用者が減少、ネットバンキングの利用者増加、また資産運用する方が増えているため銀行に現金を置く方が少なくなっていることもその原因の1つと言われています。

銀行口座には銀行毎にどのような手数料がかかっている?

銀行毎に対応方法が異なります。
ご確認ください。

三井住友銀行

2021年4月1日以降に新規開設する普通預金口座に適応となります。


下記条件に満たない場合は年額1,100円(消費税込み)が口座から引き落とされます。

◆ 2年以上、入出金無し
◆ 残高が1万円未満

口座の残高が1,100円に満たない場合には、残高全額が口座維持手数料の一部として引き落とされた後に口座は自動的に解約されます。

また口座保有者が18歳未満、75歳以上のお客さまは免除です。


引用元:【手数料】2021年4月に導入された紙通帳利用手数料、デジタル未利用手数料について知りたい

三菱UFJ銀行

2021年7月1日以降に新規開設する普通預金口座に適応となります。

下記条件を満たす方は年額1,320円(消費税込み)が口座から引き落とされません。

◆ 2年未満、入出金有
◆ 他の預かり金融資産(定期預金、外貨預金、投資信託等)が1円以上ある場合
◆当行にてお借入れがある場合

お客さまの口座残高が未利用口座管理手数料未満の場合はお客さまの口座残高をもって、未利用口座管理手数料の一部として引き落としのうえ、同口座を解約されます。


引用元:未利用口座管理手数料(2021年7月以降に新たに普通預金口座を開設されるお客さま)

みずほ銀行

2021年1月18日以降に新規開設する普通預金口座に適応となります。

通帳発行・繰越ごとに1冊1,100円(税込)がかかります。
口座引き落としも可能です。

通帳発行・繰越時70歳以上のお客さまは手数料が無料です。


引用元:【重要なお知らせ】通帳のお取扱変更について

銀行口座保持の手数料を削減するための方法とは

◆WEB通帳にて管理
◆ネット銀行で口座を作成

ネットバンキングが主流になりつつありますので、上記の対策をしてみては。

まとめ

キャッシュレス化が進んでいる時代ですのでネット管理にしていけば、手数料が減らせます。
またATMから出金すると手数料がかかることも多い。銀行においてあるから、元本割れがないと思っているあなた。実は知らぬ間に取られている手数料。かかってもいい手数料か確認、把握してから支払いを。